フジベトンは様々な分野で高い評価をいただいております

フジベトンの展開力

フジベトンは、1965年から使用されてきた日本最初のセメント系土壌固化材です。 砂質土、粘土、有機土、ヘドロ等、数多くの現場で早期硬化による工期短縮、硬化品質でも高い評価をいただいております。また、固化品は、有害物(重金属スラッジ、焼却灰)の封じ込め、不溶出性能も実証され、リサイクル開発特許も取得しました。

フジベトンの施工例

優秀な固化能力があります

強度発現が大きい

汎用のセメントなどのように長時間に渡って養生する必要がなく、すぐに交通を開放することができます。また、保水性を増加する成分が含まれておりますので、従来のセメントのように乾燥時に収縮亀裂を生じることがありません。それは、フジベトン自身に自硬性があり、加えてエトリジェント(3CaO・Al2O3・3CaSO4・32H2O)等の生成により、普通ポルトランドセメント以上の固化強度と早期強度が得られるからです。

有機物の固化能力が大きい

フジベトンは従来の安定処理のように収縮クラッシュを生じませんので、多量の有機物・微細な粘土粒子を含んだ土・ヘドロの固化について、通常、普通ポルトランドセメント等では処理困難な対象物を固化することができる優れた固化能力があります。

有害重金属類の封鎖・固化能力がある

産業廃棄物(焼却灰・下水汚泥・各種スラッジ等)に含まれる有害物質(重金属類)を封鎖・固化して、その溶出を止める能力は、ポルトランドセメントに比して非常に大であります。

固化するとき脱水効果があります

フジベトンは水和反応で固化しますが、エトリンジャイトの生成は、多量の化合水を必要とし、その水分を周囲土より吸収するため、軟弱地盤・ヘドロに対して極めて大きい脱水効果を表しますので、凍結、融解などの気象条件に強く、成分科学的に非常に安定しているので、化学的抵抗力をもっています。長期にわたって強度が増進しますので、耐久性に優れています。

固化するときの膨張性を有効に利用します

フジベトンは水和反応中エトリンジャイトの生成により固化物に膨張性が生じます。この膨張性を軟弱地盤・ヘドロ等の固化圧密と地盤沈下阻止に加えて、セメントの固化収縮性を補う等、強固な地盤作りのために有効に利用します。

使用上の利点があります

フジベトンは、被固化物の耐久性・しゃ水性・凍上抵抗性等を改善します。さらに、フジベトンは無機質で構成された無公害物であり、使用時の発熱や悪臭の発生しない環境にやさしい固化材です。
施工が簡単で経済的です

フジベトンは、小さな締め固めエネルギーで大きな乾燥密度が得られるので、必要な機械力、労力も小さくて済み、経済的な施工ができます。

Share on LinkedIn
LINEで送る

Facebookに投稿する

コメント